ダイビング資格の種類

ダイビングライセンスとは、民間のスキューバダイビング指導団体が
発行する認定証『Cカード(Certification Card)』のことを指します。
各指導団体が、各々の理念に基づいてダイバーの教育し
Cカードの発行を行っているため数多くの種類が存在しており、
同じ認定団体が発行するCカードであっても、
ダイバーのスキルや知識、経験に応じてランク分けされています。

世界で初めて誕生したダイビング指導団体で、
安全性の高さでも有名なNAUI(ナウイ)のライセンスについてご紹介します。
■パスポートダイバー:NAUI(ナウイ)のプロが引率している場合、
ダイビングは最大18m(15歳未満の方は12m)まで可能で夜と洞窟のダイビングは不可。

■スクーバダイバー:世界中の海でダイビングサービスを受けられ、
講習を受けた場所と同等の環境ではインストラクターやダイブマスターがいなくても
バディ(一緒に潜るパートナー)とダイビングか可能です。最大水深18m、夜と洞窟のダイビング不可。

■アドバンススクーバダイバー:多様な環境でのダイビングが可能となります。
最大水深30m。ディープダイビングスペシャリティーの受講が可能で取得すると最大水深40mとなります。

■スペシャルティースクーバダイバー:ダイビングの技術面に関する知識を深めることができます。
受講条件として応急手当等の講習が必要となります。最大水深30m。

■マスタースクーバダイバー:アマチュアダイバーとして最高ランクのライセンスで一緒に潜る
パートナー(バディー)とともに潜水計画を立てて、安全に楽しく潜るようできるようになるのが目的です。最大水深40m。

■ダイブマスター:ダイビングのプロの第一歩です。安全管理テクニックやトラブルへの対処法などを習得し、
一緒に潜るダイバー達をサポートしながら、海のガイドなどの活動ができます。

■アシスタントインストラクター:インストラクターのアシスタントができます。
単独でスクーバダイビングのコースのクラスルーム部分やオープンウォーターでの参加者の安全管理などが行えます。

■インストラクター:一緒に潜るダイバー達に安全で質の高いダイビングを提供します。
NAUI以外のCカードでも取得されているランクからNAUIコースに入れます。

横浜反町のアクア・ブーチェは
高い技術が身につくダイビングスクールです。
ご自宅まで無料送迎も行っていますので
ダイビングの認定証のことならお気軽にご相談ください。