ブログ
HOME > ブログ
  • すべての記事
  • 海日記
  • ポイント紹介
  • ダイビング技術
  • ダイビング動画
  • お知らせ

ダイビング技術

【ダイビング技術】ダイビングが上手ってどういう意味?(その5)【横浜のダイビングスクールのブログ】

2016.12.22

前回はコントロールというテーマで潜行の所まで書きましたが、 潜行をコントロールすると言う事は、バランスと浮力のコントールなんです。   バランスについては言葉で説明する事は少し難しいので、 浮力のコントロールの話をしてみましょう。   浮力のコントロールは呼吸のコントロールが出来ていないと、 話が始まりません。   浮力のコントロールというとBCの操... 続きを読む

ダイビング技術

【ダイビング技術】ダイビングが上手ってどういう意味?(その4)【横浜のダイビングスクールのブログ】

2016.12.20

以前、ダイビングはコントロールされている状態が大切だと書きました。 では、コントロールの対象とはなんでしょう? 浮力、姿勢、心、フィン、腕、手。色々あります。   今回はエントリーから潜行までのお話です。   エントリーするときは足元のバランスも、波に対しての体のバランスも大切です。 波に押される力に対してバランスを取っていればよろめかないで済みます。 波に体を... 続きを読む
ダイビング技術

【ダイビング技術】ステップアップ講習って必要?【横浜のダイビングスクールのブログ】

2016.06.10

横浜のダイビング屋 アクア・ブーチェのダイビングスキル講座です。   ステップアップ講習って必要でしょうか? 結論から言うと、必要です。ただし、意味のあるステップアップ講習を受講しましょう。   世の中のベテランダイバーは幾つかのパターンに分かれます。 順当にステップアップしてダイブマスターまで取得する人。 ステップアップに否定的でアドバンスまでしか取得していない... 続きを読む

ダイビング技術

【ダイビング技術】ダイビングが上手ってどういう意味?(その3)【横浜のダイビングスクールのブログ】

2016.06.09

前回は潜行してOKサインを確認して行動開始といいうところまででした。   この書き込みのテーマは「ダイビングが上手ってどういう意味?」でしたね。 究極的な事を言えば、ダイビングが上手な人間なんて存在しません。 人間は陸上の生物で、それも平地での生活に適応しています。現在の殆どの人間は都市でしか生存できません。 人間という生物は非常に脆弱な存在なんです。 なまじっかちょっと頭が... 続きを読む
ダイビング技術

【ダイビング技術】スキンダイビングを楽しむ為にはどうすれば良いでしょうか?【横浜のダイビングスクールのブログ】

2016.06.07

スキンダイビングを楽しむ為にはどうすれば良いでしょうか?勿論、スキルを上げる訳ですが、何故ビギナーは上手にできないのか?それを少し考えてみましょう。スキンダイビングを楽しむ為には大きく二つの課題があります。一つは身体的なスキルです。最も基本的で重要なスキルは「泳げる」と言う事です。ここで泳ぐとは必ずしもクロールや平泳ぎの様なスイミングの事を言っている訳ではありません。フィンとシュノーケルを使ってス... 続きを読む
ダイビング技術

【ダイビング技術】ダイビングが上手ってどういう意味?(その2)【横浜のダイビングスクールのブログ】

2015.11.27

前回はコントレールされているという事が大切だというお話をしました。 コントロールされている状態と言うのは様々な場面で言える事です。 ビーチからエントリーするときには、波のサイクルを読んで足場の状態を考えてどの様に海に入っていくか、それをイメージします。 ちゃんとイメージ通りに入れればOKです。イメージ通りの行動をするために、フィンの着脱がスムーズに素早く出来なければなりません。 水面での姿... 続きを読む
ダイビング技術

【ダイビング技術】ダイビングが上手ってどういう意味?(その1)【横浜のダイビングスクールのブログ】

2015.11.13

ダイビングが上手ってどんな事なんでしょうか? そもそもダイビングは上手じゃないといけないのでしょうか? ダイビングは競技スポーツではないので、人と比較してどっちが上手だとか下手だとか、そんな事はあまり意味がありませんね。 そういう事にこだわっている人は、自分が上手なんだってことを見せたがって失敗する人が多くみられます。 例えば、ボートダイビングでの潜行や浮上時に潜行ロープを適切に使わない人... 続きを読む
ダイビング技術

【ダイビング技術】ダイビングは呼吸が命

2015.08.04

ダイビングは呼吸が命。 ビギナーが悩んでいる「難しい事」の殆どは呼吸パターンによって解決できます。 ビギナーが悩んでいる事は何でしょうか? ・中性浮力・潜行・フィンキック・ダイビング後の頭痛・エアの消費等々 これらは正しい呼吸パターンにより解決できます。 何故でしょう? 正しい呼吸とは「深くゆったりした呼吸」です。 ビギナーの殆どは「浅く早い呼吸」をしています。 これは、心理的なス... 続きを読む
ダイビング技術

【ダイビング技術】ロープ潜行は本当は難しい

2015.07.15

ボートダイビングのスタイルには大きく二つあります。ボートを固定する場合と、固定せずにボートもダイバーに合わせて移動するドリフトダイビングです。前者の場合には潜行ロープを使用することが一般的です。特に伊豆でのダイビングの場合、海底から水面へ伸びているロープが設置されていることが多いです。ロープ潜行とはそのロープを利用して潜行する方法の事を言います。それに対してロープを利用しない潜行をフリー潜行と言い... 続きを読む
ダイビング技術

【ダイビング技術】ディープダイビング考。深40mから緊急浮上する為には残圧がいくつあれば大丈夫か?(その3)

2015.07.03

前回、前々回と理想的な状態と最悪の状態の場合のエア消費量の計算例を書いてみました。理想的な状態と最悪の状態とは6倍もの違いが出来る可能性が考えられると書きました。それは両極端なはなしなので、現実的にはどう考えれば良いのでしょうか?ディープダイビングは危険なものと思われていますが、十分な経験とスキルがあればリスクのコントロールは十分可能です。無限圧限界内でも水深40mのダイビングは楽しめます。ただし... 続きを読む
2 / 612345...»»