ブログ
HOME > ブログ > 【横浜のダイビング屋】考えてみると、趣味のダイビングって何?メリットは?(その1)
  • すべての記事
  • 海日記
  • ポイント紹介
  • ダイビング技術
  • ダイビング動画
  • お知らせ
ダイビング動画

【横浜のダイビング屋】考えてみると、趣味のダイビングって何?メリットは?(その1)

2015.06.17

考えてみると、まだダイビングを趣味としていない人にとって「ダイビングってどんな遊び?」って思ってるじゃないかなって思いました。というか、まだダイビングを始めていない人には趣味のダイビングってどんな世界なのか理解出来ているはずはないですよね。

私もダイビングを始める前と始めてからの印象は全然違いました。勿論、ダイビングは海に潜って綺麗な景色を見る事が出来るってことは知っていました。スクーバダイビングを始める前から私は素潜りが趣味でしたので海中の世界の素晴らしさは知っていました。でも、それでもダイビングを始めたらかなりイメージが異なっていたのです。

私は若い時から体力には自信があり、スポーツに対しても苦手意識はありませんでしたが、ダイビングを始めるに際して、自分は付いていけるのか自信が無かったのです。厳しいトレーニングに付いていけるのか?屈強なダイバーの行動に付いていくのが苦痛ではないのか心配でした。ドキドキしながらダイビングスクールの門を叩いたのです。が、ビックリ!なんてショボイ潜り方なんでしょう!今はそうは思いませんが(私もダイビング屋なので事情は理解できます)正直その時にはそう思いました。

あっちの方に泳いで行ったら面白そうなのになんで全然動かないの?なんで一々魚の名前をスレートに書いて俺に見せるの?直ぐに手招きして見ても良く分かんないようなチッコイ魚を無理やり見せるの?なんで、知りたくもない魚の名前を延々とログブックに書かせるの?なんでもっと技術的な事を知りたいのに質問に答えてくれないの?って書けばキリが無いほど疑問が沢山ありました。

まあ、誤解を恐れずに率直に書けば、一般的なダイビング屋って、一般的な人たちを対象に特別なトレーニングを受けなくても安全に海中を楽しめるダイビングを提供する事であって、探検心、冒険心を刺激するようなダイビングを提供する事を目的としていないって事です。裏を返せばビジネスだからね。この件をあまり詳細に書くと問題があるのでこの辺でやめときますけど。

だから、自主的にスキンダイビングを楽しんでいる人やその他のマリンスポーツを楽しんでいる人からは、インストラクターに連れられて潜っているだけの観光バスツアーみたいなもんだと思われているんだと思います。まあ、それだって面白いんだからとやかく言われる筋合いはないんだけどね。私も観光バスツアー的なダイビングは否定しません。特別な才能や努力をしなくても楽しい海中を楽しんで頂くことは良い事だと思います。でも、それは観光バスのお客さんであって、車のドライブを楽しむ行為とは異なります。車を運転する楽しみと、車の中から景色を楽しむ事は全然違う行為なんです。それは趣味の問題でどっちが偉いっていう問題じゃないんです。ただ、その点が混同されて、免許持ってるのに観光バスに乗って景色を楽しんでいるだけのヘタレって言うイメージになっちゃうんですよね。ただ、本当の観光バスツアーと違うのは完全なパッセンジャーでいられない場合もあるって事で、場合によってはドライバーに代わって運転しなければならない事態が生じる可能性が無視できないほど高いって事です。そこら辺のギャップが表面化すると事故になるんです。車を運転する技術が無いのに運転免許を交付されて、いつもは助手席に乗っているのに突然運転しなければならない状況になるって事ですね。免許持っていなければその役割は回って来ないのに。だから、ちゃんとしたトレーニングを積んでダイビングのライセンス(認定証、Cカード)を取得しなければ、いつか「じゃあ運転して」って事態になって、出来なければ事故るって事です。具体的に言えば体験ダイビングなら万全の態勢でゲストの安全を管理できるのに、Cカード保持者相手のファンダイビングではある程度その人のダイビングスキルに期待をしているので、自分でカバーしなければならない安全管理領域があるって事です。例えばチームから逸れてしまったり、機材のトラブルに遭遇したりした時ですね。

要するに何が言いたいの?って事ですけど、趣味のダイビングってやる人の意識次第で全く違った遊び・活動・スポーツになるんですよって事です。スクーバダイビングなんてショボイ遊びだって思っているスキンダイバーやフリーダイバーも多いですけど、実際その人たちはスクーバダイビングの事を良く分かっていないし、先入観に支配されているし、実際スクーバダイビングも上手に出来ない場合が殆どです。逆にスキンダイビングなんて海水浴の延長だ、くらいに思っているスクーバダイバーもいますけど、基本的なスキルを持っていない人が多いのも事実です。勝手な思い込みはやめて、もっと自然に海中の世界を楽しみましょうよ!ダイビングはどんな遊びなのかって言うのはあなた自身が決める事です。無限の可能性を秘めています。

づづく

—————————————————————————————————-

横浜・反町・東神奈川・東横線沿線のダイビング・スクール

アクア・ブーチェ ダイビング・スクール

スキューバ・ダイビング、スキンダイビングのライセンス講習

伊豆、三宅島、八丈島、沖縄のダイビング・ツアー

御蔵島でのドルフィンスイム・ツアー

を随時開催しています。

ホームページはこちら!